<< ダンス白州2008ー縄文という生命ー マンガを大人買い。 >>

「靖国」と「篤姫」

昨日、「靖国」を観てきた。
靖国神社のことは新聞やテレビの報道くらいでしか知らなかったけど、よく言われるA級戦犯合祀の問題以外にも色んな立場の人たちの想いを孕んでいて、もっとよく知れば知るほど深く複雑な問題であることがわかってくるんだろうという気がした。
日本人の間でも意見は割れていて、ただあの場所、特に8.15の靖国神社は、日本人にとっては間違いなく特別な場所であって、そこに行ったことのない自分にはかなり異様にも見えたけど、でも無くしてはいけない場所なんだという風には感じられた。
上映前に揉めた作品だから若い人が多いんじゃないかと思ってたけど、映画館に行ったら中高年の人が8割くらいは占めてて、これは以外だった。

こちらはテレビで、「篤姫」をこのところ毎週観ている。
なかなかこれ、おもしろい。
アヒルの子…、いいね。家定とのコンビがいい。
ドラマを毎週観るのは、…いったい何年ぶりだろう?

今週中に、何とか都合をつけて「Tibrt Tibet」を観る予定。
関内伊勢佐木唯一になってしまった単館映画館ジャック&ベティ
運営者の顔が見える映画館。今となっては貴重です。
[PR]
by ryota-C | 2008-06-29 21:41 | 観たもの、読んだもの
<< ダンス白州2008ー縄文という生命ー マンガを大人買い。 >>