カテゴリ:活動( 11 )

何(Ho)さん離日。

約2ヶ月間のレジデンスを終えて帰国する何さんを、スタジオアーティスト仲間3人で成田まで見送りに行ってきた。
ロビーでビールで乾杯して、再会を約束してお別れをした。

年が近かったこともあり、今回のメンバーはとても仲がよかった。
作品もみんなよかったけど、それ以上に仲間になれたことが、今回のスタジオ滞在の中では一番大きかったと思う。

何さんを送り出して、これでスタジオ活動も一区切り。
あとは雑務と片付けと、自分の中での整理を行って、早く次の段階へ進んでいきたい。


d0121414_2484918.jpg

[PR]
by ryota-C | 2008-04-05 02:46 | 活動

個展のお知らせ

d0121414_342238.jpg



「ハトノネドコノヒダリシタ」
BankART1929 ARTIST in Studio 2007 2-3月期 合同オープンスタジオ

会場:BankART Studio NYK 3F
会期:2008年3月21日(金)〜30日(日)
時間: 11:30〜19:00(会期中無休、最終日は17:00まで)
会期中の金、土、日曜日は公開制作を行います。
合同オープニングパーティー(¥500)、21日(金)19:00〜


今回は会場であるBankART Studio NYK 3Fの特徴的な空間と、スタジオでの2ヶ月間の滞在の中での出来事からインスピレーションを得た作品を制作しています。
自身初の個展となります。
21日のオープニングパーティーにもぜひお越し下さい。

d0121414_3193168.gif

横浜みなとみらい線「馬車道駅」6番出口徒歩4分
〒231-0002 横浜市中区海岸通り3-9
TEL : 045-663-4677
BankART1929
[PR]
by ryota-C | 2008-03-18 03:08 | 活動

田中信太郎にボコボコにされた。

制作の過程の一段階のものを「作品」と言って見せたら、これでもかというくらいにボロクソに言われた。
説明すらさせてもらえなかったけど、でもあそこまで言われると逆に気持ちいい。
ほとんど見ず知らずの人間に、あそこまで言ってくれる人もなかなかいない。
叱ってくれる人は、とても貴重だ。
本当にありがたい。

これで余計奮い立った。
信太郎氏を「ぎゃふんぎゃふん」と100回くらい言わせるような作品を作ってやろう。
[PR]
by ryota-C | 2008-03-14 01:30 | 活動

「アーティスト・ファイル 2008—現代の作家たち」展

3月5日より国立新美術館で開催される「アーティスト・ファイル 2008—現代の作家たち」展に参加する白井美穂さんの映像作品に、パフォーマーとして出演します。

BankARTで何度か出てた作品なので、見たことのある人も多いかも。
4月に会場でパフォーマンスをするという話も出てます。
詳細はこちら
[PR]
by ryota-C | 2008-02-29 01:32 | 活動

アーティスト・イン・スタジオ in BankART1929

2月から3月末までBankART studio NYK のstudio 9 (1F)で制作、発表を行います。

今日荷物の搬入をしてきて、明日から制作開始。
今回は棺桶カーを作ります。

モノを揃えるのに手間取ったので、次の週末から本格的に作業をスタートさせる感じに。
11日はウェルカムパーティーだそうです。
[PR]
by ryota-C | 2008-02-03 23:27 | 活動

横濱芸術のれん街2

明日からスタート、27日までです。

お店は野毛のにぎわい座の1Fにある、「ごちっ!」という居酒屋になりました。

僕自身もまだ行ったことがないのですが、チラシによるとアットホームなお店ということなので、実際に画面で流れているのを見るのを楽しみにしてます(まだPC画面上でしか作品を観ていないし‥)。

乞うご期待!
[PR]
by ryota-C | 2008-01-11 01:02 | 活動

1年を振り返る暇もなく。

d0121414_10543135.jpg


よく考えずに作り始めた大きな植木鉢が思ったより大変で、その制作と、友人に頼まれていたHPの作成で、大掃除もそっちのけで作業に追われています。。
これにさらにのれん街の為の撮影が明日から始まり、その編集作業も入ってくる。
本当は自分のHPも整備して公開したいんだけど。。

正月休みなんてあっという間だ。



BankARTの食と現代美術展の「のれん街」という企画に参加します。
11日オープンだそうです。
お店等決まったらまたお知らせします。
[PR]
by ryota-C | 2007-12-31 11:00 | 活動

ビルマ(ミャンマー)情勢について

d0121414_1544357.jpg


画像を、デモ行進する僧侶の画像にしました。

しばらくの間、応援する意味でこの画像を使おうと思います。
せめてもの意思表示、って感じで。
みなさんもよかったら。


軍政は捕虜にした市民や僧侶を、生きているのか死んでいるのか確かめもせずに燃やしている、なんていうことを耳にしました。
これは88年の衝突の際にも行われていたらしい。

人間じゃないね。これが本当なら。

情報があまり入ってこなくなったけど、まだ終わったわけではない。
ビルマの人々は、心底平和と民主化を願っている。
自分にできることを、少しでもやっていきたい。


こちらにも、署名のお願いを載せておきます。
ネットやFAXでできる署名運動が行われています。

Avaaz.org(ネット)
http://www.avaaz.org/jp/index.php

Burmainfo.org(FAX)
http://www.burmainfo.org/ua/nagoya20070823.html

d0121414_155371.jpg



何よりも、平和的な解決がなされることを祈ります。
[PR]
by ryota-C | 2007-10-01 01:57 | 活動

チューリップ終了

チューリップフロープロジェクト
2007.4.30 9:30〜12:30
黄金町桜桟橋〜BankART NYK

以下、mixiに書いたコメント。

反省、反省。
力不足でした。
プラン修正に対応が追いつかず、いい形にまとめきれなかった。
後から後から制約とか技術的な要求を出される状態(いかにもBankARTらしい)のなかで、それでもちゃんと実力のある作家さんの作品はブレないし、きっちりまとめてくる。
そこはさすがだな〜、と思った。
言い換えれば、少し制約が出てきたくらいでブレてしまう程度のコンセプトとかプランだったというわけで、やはりまだまだ、ということだ。
でも、いい経験にはなった。川に浮かぶことなんてあんまりないし。
世界中の川を畳に乗って、流れのまま下るというのもおもしろいかもしれない。やっぱりボートに引っ張ってもらうのは、おもしろくない。
パフォーマンスはこれから修行!
[PR]
by ryota-C | 2007-05-02 01:25 | 活動

チューリップ

許可の件がどうなったか池田さんに確認を取ったところ、結局話はしてないらしい。
まず降りない、というのがその理由(本当のところはわからないけど)。
やってしまって後で始末書を書く、という話もあったはずだが、さっきの電話ではプランの変更を考えるよう言われた。そしてもう半日待ってくれ、と。いつもの先延ばし。
「人が浮いてるように見えなければいい。」
そう見えなければ、このプランは意味がない。
[PR]
by ryota-C | 2007-04-28 00:34 | 活動