<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブログタイトル

タイトルつけました。
「リリィ・シュシュのすべて」の中に出てきたセリフがなんとなく印象に残ったので。
でも、また変えると思います。
[PR]
by ryota-C | 2007-06-24 22:23

今週観た映画。

○リリィ・シュシュのすべて(監督:岩井俊二、出演:市原隼人、忍成修吾、蒼井優、伊藤歩、2001)

○カンサス騎兵隊(監督: マイケル・カーティス、出演:エロール・フリン、オリヴィア・デ・ハヴィランド、1940、アメリカ)

○アンダルシアの犬(監督:ルイス・ブニュエル、脚本:ルイス・ブニュエル、サルバドール・ダリ、1929、フランス)
[PR]
by ryota-C | 2007-06-24 22:19 | 観たもの、読んだもの

作品のできるとき1

それは、飛躍することができたときである。

考えて考えてでもなかなかいい答えが見つからなくて悩み苦しんだあげくに、スルッと壁をすり抜けるような、またはフワッとどこか違う次元に気がついたら立っていたような、そんな感じ。

それは、そのときには気づかなかったりする。
できたものを人に見せて、その反応によって気づかされたりする。

去年の風船の作品や缶の作品は、そうしてできた。
[PR]
by ryota-C | 2007-06-19 02:44 | 感じたこと、考えたこと

映画。

今週観た映画。

○オリバー・ツイスト(監督:デヴィッド・リーン、出演:アレック・ギネス、ロバート・ニュートン(1947、イギリス)、原作:チャールズ・ディケンズ(1839))

○クレオパトラ(監督:セシル・B・デミル、出演:クローデット・コルベール、ウォーレン・ウィリアムズ、(1934、アメリカ))

○ハムレット(監督: ローレンス・オリヴィエ、出演:ローレンス・オリヴィエ、ジーン・シモンズ、クリストファー・リー(1948、イギリス))

三つとも、何回も再制作されているらしい。他のバージョンも見てみたい。
ハムレットといえば、自分の中ではまずやっぱりオフィーリアが出てくる。これも色んな画家が描いているけど、一番好きなのはダントツでミレーのオフィーリア。この絵はまさに息を飲んでしまう。
d0121414_1135979.jpg

[PR]
by ryota-C | 2007-06-18 01:14 | 観たもの、読んだもの

映画。

今週観た映画。
d0121414_22591568.jpg

○野ばら(マックス・ノイフェルド監督、ミハエル・アンデ、1957)

d0121414_22595740.gif

○美女ありき(アレクサンダー・コルダー監督、ヴィヴィアン・リー、ロレンス・オリヴィエ、1941)
ネルソン提督とエマ・ハミルトンの悲恋を描いた歴史映画。演じた2人も実際に共不倫の末に結ばれたばかりだったそう。これも名作。
[PR]
by ryota-C | 2007-06-08 23:00 | 観たもの、読んだもの

映画。

今週観た映画
○ライムライト(チャールズ・チャップリン、1952年)
○美しい夏キリシマ(黒木和雄、2003)



この2作品を除いて、5月はDVD11本。
1月最低10本、年間120本。これは堅持したい。
[PR]
by ryota-C | 2007-06-04 00:01 | 観たもの、読んだもの

Limelight

ライムライト:チャールズ・チャップリン、クレア・ブルーム、1952年

確か中学の英語の教科書に載っていた、チャップリンのライムライト。
チャップリン=喜劇と思っていたけれど、そうではなかった。
素晴らしく心を打つストーリー。
名作と呼ばれる作品の、いつまでも残り続けるその由縁がわかった気がする。
[PR]
by ryota-C | 2007-06-01 01:47 | 観たもの、読んだもの