<< チューリップ チューリップフロープロジェクト... >>

0427応用ゼミ

先週出された課題を元に、パフォーマンスを行った。
自分自身でもよいとは言えないものだったので、反応もその通り。
岡崎さんの言葉として、
・去年やったパフォーマンスから彫刻的にもっと追求できるものであったのに、それをせずに横滑りしていってる。
・パフォーマンスは最初はウケるけど、しばらくいくと急にウケなくなる。そのときに帰るところを作っておくのが大事。
・菅木志雄のように、パフォーマンスもやるけど、彫刻もそれ自体で自立している、という状態が望ましい。
・今の自分の作品は、自分の行為があるからおもしろいけど、行為を除いてものだけで見ると、それほどおもしろくない。

確かにその通りだと思う。全く異論はない。
あと、
・構造についてやるのであれば、彫刻(もの)でやったほうがいい。
という指摘も。

北川さんの言葉
・こういう一連のパフォ−マンスを一年365個作るというのでもいいと思う。(岡崎さんの言うことも確かにあるけど、との前置きで)
・一つ一つのパフォーマンスや彫刻の背景として(例えどんなにくだらないことをやっていたとしても)、社会的な思想とか、そういうものがないと続けていけない。

北川さんはとても真面目に丁寧に話をしてくれる人で、言葉がすっと入ってくる感じがする。毎日一つずつ作っていくという案には共感して楽になれたし、思想の話は自分の問題の確信をつかれたようで、とても重かった。


今回課題をやって思ったのは、自分には理屈っぽいことや難しいことをやるのは無理だ、ということ。おもしろければいい。それじゃダメだろうか。
考えてから動く。そうしないと前みたいにまた同じ形式の中をグルグル回って、行き詰まる。でも、パフォーマンスに関しては、動いてから考えたいと思う。まだ何が出てくるのかわかならいから。
[PR]
by ryota-C | 2007-04-28 00:28 | 四谷ゼミ関係
<< チューリップ チューリップフロープロジェクト... >>